きんめ屋亀ちゃん

金目鯛 旬をお届け 三浦三崎、漁師による船内選別の「限定特上金目鯛」

亀吉丸のお話し

大正の時代から代々受け継がれた亀吉丸の漁師達。


亀吉丸とは?

大正時代に、現在の経営者で3代目となる石渡美根和の曾祖父にあたる、石渡亀吉が創業した漁船です。もともと鯖漁からスタートし、亀吉の息子で2代目石渡茂の代から金目鯛も獲るようになりました。その後、鯖の不漁と金目鯛の価格安定に伴い、金目鯛のみを獲るように。年間通して、金目鯛漁を行っているため、脂ののった良質な金目鯛を求めて、大型船で全国をまわっています。


9日ぶりに三崎港へ帰ってきました。

亀吉丸とは?

亀吉丸とは?


活気にあふれ全員一丸となっての水揚げ。大漁です。

活気にあふれ全員一丸となっての水揚げ。大漁です。

船頭の親族が「できるだけ多くの人に金目鯛の美味しさを知ってもらいたい」という思いからきんめ屋 亀ちゃんを結成しました。みなさんぜひ、一度味わってみてください。

活気にあふれ全員一丸となっての水揚げ。大漁です。

亀吉丸の乗組員とスタッフのみなさん